乾麺グランプリ2020への道①

みなさんこんにちは!企画開発室 飯田です!

今年5月に東京都内で開催された第3回乾麺グランプリ、初めての「うどん部門優勝」という嬉しい結果を残すことができました。

皆様からの応援、誠にありがとうございました!!!

初めてブログをご覧いただいた方に!ちょっとだけ説明を…

乾麺グランプリとは、日本全国の乾麺の良さをもっとたくさんの方々に知ってもらうため、全国選りすぐりの乾麺を使ったメニューが大集結し、来場者に食べ比べていただきNO.1を決めるイベントです。

1杯300円~500円。1杯購入するとコインを1枚もらうことができ、食べ比べをしてお気に入りの店舗にコインを投票するようになっており、コインの総枚数によりグランプリが決定します♪

乾麺の日本一を決める日本最大級のイベントなのです!

DASH!

そして2020年の第4回乾麺グランプリに向けて石丸製麺、始動します

2020年といえば…オリンピックイヤー!!

オリンピックはスポーツの世界一を決める大会ですが、

私たちは日本一を決める乾麺のオリンピックに挑みます!\(^o^)/

今年こそはグランプリを勝ち取るべく、みんな気合十分です

先日、企画メンバーたちと反省点・改善点など意見交換会を行いました!

イベントに参加した東京営業所メンバーの意見も取り入れながら話し合うことができました。

来年に向けて、よりステップアップ↑↑↑

まだまだ始まったばかり…

今回の道のりも温かい目でご覧いただけると幸いです♡

ただ今、絶賛「秋のおいしいうどんキャンペーン」ご注文受付中!

うどん部門優勝を記念し受賞メニューに使用した【技の極み讃岐うどん】をお試しセットで特別販売!

受賞メニュー『オリーブ地鶏と瀬戸内レモンの明太マヨぶっかけ讃岐うどん』のレシピ付!

自宅で簡単に受賞メニューが作れちゃう!ぜひぜひこの機会に石丸の【技の極み】をご堪能あれ!

ご注文はコチラ↓https://www.store.isimaru.co.jp/html/page195.html 

犬島 瀬戸内芸術祭~夏会期~

こんにちは、石丸製麺スタッフの瀬戸芸好きの十河です。

今回は、「犬島」に行った時の様子をご報告いたします。

訪問した日は、台風接近中の少し不安定な空模様。

しかし、そんな時こそ、訪れる観光客も少なく、ゆっくりアートを鑑賞できるかな?と思い、
おもい切って犬島へ行きました。

高松港から小豆島フェリーで1時間。

そのあと、小豆島から高速艇で犬島へ到着。

到着すると、早速「ところてん」の

お・も・て・な・し。

写真撮り忘れたのが残念ですが、おいしかった(*^_^*)

その後、おしゃれな建物の前で、帰りの高速艇の整理券をもらいます。

なぜって?

夕方になると高速艇に乗る人が集中して乗れなくなるんです。

そのため、事前に高速艇の帰りの整理券とチケットを購入する必要があるんです!

建物の中では帰りのチケットと犬島精練所美術館のチケットも販売しているので、購入。

通常、美術館の入場料は2,060円ですが、瀬戸芸のパスポートがあれば無料です。

早速、犬島精練所美術館に直行。

すると、目の前に素晴らしい景色!

昔の精錬所跡地がすごすぎて、言葉にならない・・・

その後、美術館の建物の中へ・・・

「何これ~、すご―――い!どうなっているの?」

っとカメラを構える前に、厳重なスタッフの鉄壁のガードで撮影不可。

ちょっと残念。

その後は、外のアート作品を色々散策しながら見ていたら、あっという間に高速艇の時間に。

短時間で制覇できたものの、ごはんを食べる時間はなく、帰りの小豆島フェリーで食べた「わかめうどん」がいつも以上においしく感じられました。

さて、次はどこへ行こうかな…

男木島・女木島 瀬戸内芸術祭~春会期~

こんにちは、石丸製麺スタッフの十河です。

前回の投稿から随分、日が経ってしまい申し訳ございません。

さて、瀬戸内芸術祭~春会期~の男木島と女木島の様子をご報告いたします。

当日、屋外の芸術鑑賞にはもってこいの天候の中、朝一番の船でまずは男木島(おぎじま)に出発!

早速、男木島の港にはインパクトのあるアートがお出迎え。

有名なフェリー乗り場の建物とたこつぼのアートです。

到着早々、大きなアートを間近で体感でき、期待度UP。

アートの島「男木島」にワクワクです。

期待を膨らませながら歩くこと十数分。小さな島なのですぐに港の反対側に到着します。

そこには、なんと複数の足!

防波堤にキモかわいいアートを発見。

しかし、じっっと見ていると、後ろに広がる五剣山と瀬戸内海にマッチしていて、なんだか心地よいアートを感じました(笑)

その後も、色々なアートを見ながら島中を歩き回り、気が付くとお腹がペコペコに。

男木島のアートも満喫し、時間もちょうどよかったので、フェリー乗り場に向かうと…

どこからかいい匂いが。

次の瞬間、目に入ったのが「サザエ飯」の看板。

匂いと空腹につられ、500円という高額にも躊躇せず購入。

正直、期待はしていなかったのですが、一口食べてビックリ!!

ゴロゴロの大きなサザエのぶつ切りが入っていて、サザエの風味をたっぷり吸ったお米は旨い!もぉ、幸せ。

さて、お腹も少し満たされたところで、次の目的地女木島(めぎじま)へ。

女木島は別名、「鬼が島」として有名で、岡山・香川に色々な桃太郎伝説があるんです。

それは、さておき…

男木島とは少し違ったアートが展示されており、女木島も満喫。

アート、芸術って色々な表現方法があり、「自由」なんだなぁ…

と普段は、ルールやマニュアルにとらわれてばかりの自分を少し解放し、自分を表現する方法も模索しようかと思った今日この頃でした。

もうすぐ『夏会期』が始まります!

こちらもまた、楽しみですね。

台湾のコストコでも大好評!石丸製麺の金毘羅うどん

今回は石丸製麺の海外での情報をお伝えいたします。

6月22~23日、台湾のコストコにて

石丸製麺の『金毘羅(こんぴら)うどんの』試食販売が行われました!

こちらはその時の写真です!

今回試食販売を行っている、『金毘羅うどん』は

日本のコストコでの取り扱いが好評で、 台湾にも取り扱いが広がった商品です。

なんとそれ以来、約10年以上も続くロングセラー商品なんですよ!

試食販売の効果もあってか、一番上の段の商品が無くなりそうですね!

自社の商品が売れている光景を見るのは嬉しい限りです。

(台湾でお買い求めいただいた皆さま、ありがとうございます!!)

ちなみに、「金毘羅うどん」は、中国のコストコでもお買い求めいただけます!

日本でも全国各地の様々なお店で、石丸の商品を見つけていただけるように

営業員一同頑張ってまいります!お近くのスーパーに行かれたときは

乾麺・半生麺コーナーをちょっと覗いてみてくださいね(^-^)

満喫の瀬戸内芸術祭~春会期~

 こんにちは、石丸製麺スタッフの十河です。

先日、3年ぶりに開催された「瀬戸内芸術祭」の春会期が終わってしまいましたね。

毎回楽しみにしている私としては、3年の月日はとても長く、待ち遠しい日々でした。

もちろん開催前から、チケットや会場をチェックし、天気も重要なので天気予報とにらめっこしていました。

今回の春会期の前半はGWだっただめ、混雑が予想されると思い、高松からも比較的アクセスがよい沙弥島(しゃみじま)周辺へ車で行ってきました。

前回のアート作品が残りつつ、やはり一番綺麗で良かったのは

海岸に設置された五十嵐靖晃さんの作品で「そらあみ」。

海風になびく作品はとても綺麗で心が落ち着きます。

で、肝心の写真、取り忘れました。(笑)

▼気になる方はコチラをご覧ください

https://setouchi-artfest.jp/artworks-artists/artworks/shamijima/153.html

なので、もうひとつを紹介します。

大岩オスカールさんの作品で「大岩島2」です。

写真の撮り方が下手なのでわかりにくいのですが、ドーム型のバルーン内にマジックで描かれた模様が素晴らしいです。

バルーンはとても大きく広いため、20人ぐらいが中で寝転んでいたり、座ったりして描かれたアートをゆっくり鑑賞できます。

瀬戸芸はとても楽しく、豊かな気分になれるのでおススメです。

普段は敷居の高い「芸術」ですが、瀬戸の風景の中に溶け込んだ景色として眺めると、自然と受け入れられ、なんとも心が休まります。

次回は女木島と男木島をご紹介します。

では、また。

~ 2019乾麺グランプリへの道 Road⑤最終回 ~ たくさんの応援ありがとうございました!


▼前回の乾麺グランプリへの道Road④はこちら

5月18日(土)・19日(日) 東京・駒沢オリンピック公園 中央広場にて

「第3回 乾麺グランプリ2019」が開催されました!

2日間ともお天気にも恵まれ、会場には約1万人の方にご来場いただき大盛況のうちに終えることができました。

ご来場いただいた皆さま、本当にありがとうございました!

さて、当日の様子をご報告いたします♪

1日目

早朝からスタッフ総出9名でレタスや細ねぎ、レモンのカットなど約500杯分の仕込みをしました。

今回作成した「うどん丸くん」Tシャツ

10時スタート。スタッフ全員お揃いの「うどん丸くんTシャツ」を着て、やる気満々です!!!

店舗の装飾もバッチリ★

今回のメニューの売りでもある、「讃岐うどん」「オリ-ブ地鶏」「瀬戸内レモン」もアピール!

お客様に分かりやすい装飾を目指しました。 会場で目立っていたので大成功でした(^O^)

 
そして1日目になんと!

日本テレビの「シューイチ」(毎週日曜日7時半~放送)に取材していただきました!

取材を受けた山下WEB店長に裏話を聞いたところ・・・

「前日に取材依頼があり、軽い打合せはあったものの、台本なし!完全に現場のアドリブです!!!

安村アナの軽快かつダイナミックなレポートに必死で答えていたので、正直何を話したか記憶がありません(汗)」

とのこと。私も放送を見ていたのですが、20分くらいの取材でオンエアーは2分でした。

テレビの世界は厳しい・・・。


2日目

「シューイチ」が8時過ぎに放送され、TV効果か、10時開始からぞくぞくとお客様が来てくださいました♡

お昼時から長蛇の列!お待ちいただいた皆さま、申し訳ございませんでした<(_ _)>

スタッフも必死に調理しておりました。


2日目には、なんと石丸社長と常務も会場で販売応援♪

そして、注目の結果は・・・

なんと、「うどん部門賞」をいただきました\(^o^)/

3回目の出店で初めての受賞!感無量です!!!!

投票していただいた皆さま、応援してくださった皆さまありがとうございます!


賞を受賞した喜びはもちろん、皆さまからいただいた「おいしい!」「これ本当に乾麺なの!」などの嬉しいお言葉や驚きのお言葉をいただき、本当に嬉しく思い出に残る2日間でした。直接お客様とのふれあえる時間もあり、さらなる励みとなりました。

イベントを成功させるために、半年以上の期間をかけて話し合い、試食などを繰り返し、石丸製麺が一丸となって企画、販売をおこなってまいりました。苦労ももちろん多かったですが、それ以上にとてもよい経験をさせていただきました。

惜しくもグランプリを受賞することはできませんでしたが、今回の結果をバネに更なる飛躍を目指し、頑張ってまいります!今後とも石丸製麺をよろしくお願いいたします!★

今回出店メニューに使用した麺は、石丸製麺公式通販サイトでご購入いただけます!

ぜひお買い求めください(^^)/

技の極み讃岐うどん包丁切り~2019乾麺グランプリ うどん部門受賞麺~

セイコー・ゴールデングランプリ 応援日記

セイコー・ゴールデングランプリ 応援日記 | 山下@石丸製麺のブログ

皆さん、こんにちは!総務部 住山(すみやま)です。

さて、去る5月19日(日)、大阪市・ヤンマースタジアム長居で開催された、

陸上の国際大会

「セイコー・ゴールデングランプリ」

ご覧になりましたか?

そうそう、あの男子100mで桐生選手が僅差で2位に、また男子400mリレーで日本チームがダントツで優勝して、大きくTV報道された大会です。

実は、その大会で、男子400mハードルに当社、

石丸製麺所属の

大林督享(おおばやしまさゆき)選手

が出場したんですよ!! 

大林選手は、われわれの地元香川県出身で、2020東京オリンピックを目指す、前途有望なハードル選手です。

この大会にノミネートされるだけで、日本を代表する凄い選手であることは間違いないのですが、今回、好記録を出せば、2020東京オリンピック代表に一歩近づけるということもあり、私が高松から、そして当社大阪営業所からも有志4人が競技場にかけつけ、総勢5人で彼の走りに熱いまなざしを注ぎました。

大応援団とは言えませんが、全員、当社のマスコットキャラクター「うどん丸」をあしらった、お揃いの赤いTシャツを着こみ、さらには、はるばる、高松から持ってきた特注の横断幕(1m20cm×3m)を持って、必死で、大林選手を応援したのでした。

当日は、桐生選手初め有名選手も出場する国際大会もあって、会場には、17000人もの観客がかけつけ、またTVの生中継も入り、会場は熱い熱気で包まれました。

14:35分のスタートを前に、各選手の選手紹介が。「第5レーン 大林督享君、石丸製麺」のアナウンスに、大林選手、すかさず「うどん」を食べるパフォーマンスを披露。会場を盛り上げてくれるのでした。(感謝)

そして、会場に轟くピストルの合図とともに、世界を代表する7人のアスリートが一斉にスタート!!

私も不勉強で知らなかったのですが、400mハードルって何と高さ91cmもあるハードル10台を飛び越えながら、全力で400mを駆け抜けてゆくんですね。正に神業としかいいようがありません。

で、肝心のレースですが、大林選手、「前半とばしてゆく」という戦略をたて、まさに作戦通りの展開となりました。そして、最終コーナーまでは先頭集団にくらいつく頑張りの走りを見せてくれました。

しかしながら、最後の直線で、スタミナ切れもあり、失速してしまい、残念ながら6位という結果に終わってしまいました。

大林選手も、悔しさを隠しきれない様子でしたが、「課題もはっきりしたので、一つひとつクリアーしながら、納得の走りを目指す!」という、頼もしい発言に、私たちの期待も高まるのでした。

2020東京オリンピックまで、まだ1年以上あります。全社員で応援していますので、是非、頑張って、高みを目指してほしいと願っています!!

WEB店長のGW旅行記~後半~

WEB店長のGW旅行記~後半~ | 山下@石丸製麺のブログ

2日目のキャンプ場でむかえる朝~。

春のキャンプは朝晩の冷え込みがいいですね。

「そんな時は、温かいもので体を温めましょう♪」

ということで、今回のキャンプでは

半生煮込カレーうどん を用意しました。

▼煮込カレーうどん▼

https://www.store.isimaru.co.jp/shopbrand/ct53/

2人前が1袋になっているので、我が家は2人前ずつ作りました。

1.2Lのお湯を沸かして、具材と麺を投入して10分煮込みます。

今回の我が家の煮込カレーの具材は、豚肉とご当地食材「九条ネギ」

スーパーで束で購入。カレーパウダーと一緒に九条ネギをたっぷり入れ2分煮込んで完成!

お鍋ひとつであっという間。

うどんを水洗いをする必要もないので、キャンプ場ではおすすめのメニューです♪

さてさて、お腹も満たされたところで2日目は、国宝「彦根城」観光に出発。

9時に到着しましたが、すでにたくさんの人が来られていました。

天守閣に入るのに1時間待ち・・・

せっかくなので、井伊家の勉強そスマホでしながら待つことに。

待っている間に記念写真も撮ってもらえ、家族のいい思い出になりました。

天守閣の中は、はしごのような階段にびっくり!当時の人は着物や甲冑を付けて上り下りしていたのかと思うとお姫様もお殿様も大変だっただろうな・・・

お城を出たら、キャッスルロードでまたもや食べ歩き。

近江牛コロッケやメンチカツ。

そして、テレビで見た「醤油プリン」を購入。

ん~。確かにカラメル部分は甘い醤油。

でも、おいしい!

続いて、私の楽しみにしていた琵琶湖博物館に高速でGO~!

ここでは、琵琶湖の成り立ちや、地層採掘の様子や琵琶湖周辺の古墳について。また、琵琶湖の固有種の貝や魚などたくさんの資料があり、とても勉強になりました。

今まで、日本一の琵琶湖という知識しかありませんでしたが、この資料館でとても琵琶湖に興味を持ち、もっと知りたくなりました。

さて、3日目の最終日は少しだけ神戸を散策して、快晴の中、明石大橋を渡り、我が香川県に無事帰ってまいりました~。

気が付けば、あっという間に過ぎたGWでしたが、充電満タン!

連休明けからもがんばります。

乾麺グランプリへの道 Road④

「ついに出店メニュー発表!」

▼前回の乾麺グランプリへの道Road③はこちら

「地元食材をいかしたメニューで、もっと香川県のおいしい食べ物を知ってもらいたい・・・。

もちろんうどんはおいしいけれど、うどんだけじゃない香川県!」

をコンセプトとして、ついに完成した出店メニューがコ・チ・ラ!!!

\オリーブ地鶏と瀬戸内レモンの明太マヨぶっかけ讃岐うどん/

香川県産の食材を贅沢に使った1杯!♡

企画スタッフ、事務所スタッフも全員納得のメニューが出来上がりました♪

今回使用する食材は・・・

香川県内、外で今話題の【オリーブ地鶏】

甘味・うま味を持つ「グリシン」やうま味成分の「コハク酸」もたっぷり。

良質な脂がのった「もも肉」をこんがりジューシーに焼きあげ、食べごたえ満点!

そして、瀬戸内の潮風と太陽をいっぱい浴びて育った【瀬戸内レモン】

(昔から温州みかんの栽培が盛んだった香川県西部の三豊市で大切に栽培されています)

木で完熟させ収穫したレモンは苦みが少なく、安心して皮まで食べることができるのが特長。

うどんを食べている途中でレモンを絞ると、さらに爽やかさがアップし、違う味をお楽しみいただけます!

そ!し!て!かかせない麺は手打ちうどんの製法を追求し、手間と時間をかけて仕上げた、石丸製麺の自信作であり、ロングセラー商品【技の極み 讃岐うどん包丁切り】

もっちりとした弾力と、ツルっとキレのあるのど越しをお楽しみいただけます。

石丸製麺でしか造ることのできない、手打ち式製法の包丁切り讃岐うどんは、1度食べたらクセになること間違いなし!

https://www.store.isimaru.co.jp/html/page181.html

さらに、全体の味をまとめるのが、石丸製麺オリジナルブレンド【明太マヨネーズ】

ピリ辛「明太マヨネーズ」といりこだしを効かせた「めんつゆ」の絶妙ブレンドで味付けしておりますので、

お子様からご年配までお楽しみいただけるメニューとなっております♪

石丸製麺スタッフ一同、会場でおいしいうどんをご提供いたしますので、

時間のある方、興味のある方はぜひぜひお越しください!

さて、次回は「乾麺グランプリへの道」最終回

はたして石丸製麺はグランプリを手にすることができたのか・・・

イベント当日の様子などをお伝えできればと思っています。

どうぞお楽しみに☆彡

≪第3回乾麺グランプリ開催日時!≫

日時 :2019年5月18日(土)・19日(日) 10:00~18:00 ※雨天決行

会場 :駒沢オリンピック公園 中央広場

入場料:無料 ※麺メニューと酒類はチケット制です。

URLhttps://promotion.nippon-access.co.jp/event/kanmengp/

WEB店長のGW旅行記~前半~

WEB店長のGW旅行記~前半~ | 山下@石丸製麺のブログ

こんにちは!やっと長~いGWが終わりましたね。

石丸製麺も長いお休みをいただきまして、皆さまにご迷惑をおかけいたしました。

充電満タンのWEB店長、今週もがんばります!

さて、WEB店長山下はのGWは、後半に京都→滋賀→兵庫の2泊3日のキャンプ旅行に行ってまいりました。

1日目は、渋滞を避けるために早朝4時に香川を出発。

目指すは、京都・嵐山

早朝7時の渡月橋は、観光客も少なく、とってもいい雰囲気ですよ。

もちろん駐車場の心配もなし。

法輪寺」は新緑が気持ちよく、静かにお参りができます。

竹林の小径」もすれ違う人も少なく、満喫できます。

一通り、嵐山の散策が終わった後、いよいよ食べ歩きスタート。

わらびもちや湯葉チーズ揚げ、パフェを食べたり、甘酒の試飲など、もう朝からお腹いっぱい。

そこで、思わず「あっ!」と発見したのが、「しょうゆ豆」

香川の郷土料理「しょうゆ豆」は、炒ったそら豆を甘辛の醤油に漬け込んだもの。

こちらは、枝豆を醤油に漬けたもので、こちらのしょうゆ豆も美味!

思わず、お土産に購入しました。

ところ変われば、同じしょうゆ豆でも違うものがあるんだなぁ~。

さて、お昼前には京都・嵐山を出発し、今回のお宿。

滋賀・琵琶湖のキャンプ場を目指しました!

食材をスーパーで購入し、チェックイン。

わ~琵琶湖!

やっぱり日本一だ~!!

波もあるし、なんだこりゃ?!瀬戸内海じゃん!!

初めて見る日本一の湖に家族で感動!

GWの後半はお天気も良かったので、湖畔の散策が気持ちいい。

夕日が沈むのを見ながらのBBQはキャンプの醍醐味。

お肉もおいしいけど、景色もおいしい。

1日目は眠かったけど満喫の一日でした。

後半に続く。