犬島 瀬戸内芸術祭~夏会期~

こんにちは、石丸製麺スタッフの瀬戸芸好きの十河です。

今回は、「犬島」に行った時の様子をご報告いたします。

訪問した日は、台風接近中の少し不安定な空模様。

しかし、そんな時こそ、訪れる観光客も少なく、ゆっくりアートを鑑賞できるかな?と思い、
おもい切って犬島へ行きました。

高松港から小豆島フェリーで1時間。

そのあと、小豆島から高速艇で犬島へ到着。

到着すると、早速「ところてん」の

お・も・て・な・し。

写真撮り忘れたのが残念ですが、おいしかった(*^_^*)

その後、おしゃれな建物の前で、帰りの高速艇の整理券をもらいます。

なぜって?

夕方になると高速艇に乗る人が集中して乗れなくなるんです。

そのため、事前に高速艇の帰りの整理券とチケットを購入する必要があるんです!

建物の中では帰りのチケットと犬島精練所美術館のチケットも販売しているので、購入。

通常、美術館の入場料は2,060円ですが、瀬戸芸のパスポートがあれば無料です。

早速、犬島精練所美術館に直行。

すると、目の前に素晴らしい景色!

昔の精錬所跡地がすごすぎて、言葉にならない・・・

その後、美術館の建物の中へ・・・

「何これ~、すご―――い!どうなっているの?」

っとカメラを構える前に、厳重なスタッフの鉄壁のガードで撮影不可。

ちょっと残念。

その後は、外のアート作品を色々散策しながら見ていたら、あっという間に高速艇の時間に。

短時間で制覇できたものの、ごはんを食べる時間はなく、帰りの小豆島フェリーで食べた「わかめうどん」がいつも以上においしく感じられました。

さて、次はどこへ行こうかな…

男木島・女木島 瀬戸内芸術祭~春会期~

こんにちは、石丸製麺スタッフの十河です。

前回の投稿から随分、日が経ってしまい申し訳ございません。

さて、瀬戸内芸術祭~春会期~の男木島と女木島の様子をご報告いたします。

当日、屋外の芸術鑑賞にはもってこいの天候の中、朝一番の船でまずは男木島(おぎじま)に出発!

早速、男木島の港にはインパクトのあるアートがお出迎え。

有名なフェリー乗り場の建物とたこつぼのアートです。

到着早々、大きなアートを間近で体感でき、期待度UP。

アートの島「男木島」にワクワクです。

期待を膨らませながら歩くこと十数分。小さな島なのですぐに港の反対側に到着します。

そこには、なんと複数の足!

防波堤にキモかわいいアートを発見。

しかし、じっっと見ていると、後ろに広がる五剣山と瀬戸内海にマッチしていて、なんだか心地よいアートを感じました(笑)

その後も、色々なアートを見ながら島中を歩き回り、気が付くとお腹がペコペコに。

男木島のアートも満喫し、時間もちょうどよかったので、フェリー乗り場に向かうと…

どこからかいい匂いが。

次の瞬間、目に入ったのが「サザエ飯」の看板。

匂いと空腹につられ、500円という高額にも躊躇せず購入。

正直、期待はしていなかったのですが、一口食べてビックリ!!

ゴロゴロの大きなサザエのぶつ切りが入っていて、サザエの風味をたっぷり吸ったお米は旨い!もぉ、幸せ。

さて、お腹も少し満たされたところで、次の目的地女木島(めぎじま)へ。

女木島は別名、「鬼が島」として有名で、岡山・香川に色々な桃太郎伝説があるんです。

それは、さておき…

男木島とは少し違ったアートが展示されており、女木島も満喫。

アート、芸術って色々な表現方法があり、「自由」なんだなぁ…

と普段は、ルールやマニュアルにとらわれてばかりの自分を少し解放し、自分を表現する方法も模索しようかと思った今日この頃でした。

もうすぐ『夏会期』が始まります!

こちらもまた、楽しみですね。

満喫の瀬戸内芸術祭~春会期~

 こんにちは、石丸製麺スタッフの十河です。

先日、3年ぶりに開催された「瀬戸内芸術祭」の春会期が終わってしまいましたね。

毎回楽しみにしている私としては、3年の月日はとても長く、待ち遠しい日々でした。

もちろん開催前から、チケットや会場をチェックし、天気も重要なので天気予報とにらめっこしていました。

今回の春会期の前半はGWだっただめ、混雑が予想されると思い、高松からも比較的アクセスがよい沙弥島(しゃみじま)周辺へ車で行ってきました。

前回のアート作品が残りつつ、やはり一番綺麗で良かったのは

海岸に設置された五十嵐靖晃さんの作品で「そらあみ」。

海風になびく作品はとても綺麗で心が落ち着きます。

で、肝心の写真、取り忘れました。(笑)

▼気になる方はコチラをご覧ください

https://setouchi-artfest.jp/artworks-artists/artworks/shamijima/153.html

なので、もうひとつを紹介します。

大岩オスカールさんの作品で「大岩島2」です。

写真の撮り方が下手なのでわかりにくいのですが、ドーム型のバルーン内にマジックで描かれた模様が素晴らしいです。

バルーンはとても大きく広いため、20人ぐらいが中で寝転んでいたり、座ったりして描かれたアートをゆっくり鑑賞できます。

瀬戸芸はとても楽しく、豊かな気分になれるのでおススメです。

普段は敷居の高い「芸術」ですが、瀬戸の風景の中に溶け込んだ景色として眺めると、自然と受け入れられ、なんとも心が休まります。

次回は女木島と男木島をご紹介します。

では、また。

WEB店長のGW旅行記~後半~

WEB店長のGW旅行記~後半~ | 山下@石丸製麺のブログ

2日目のキャンプ場でむかえる朝~。

春のキャンプは朝晩の冷え込みがいいですね。

「そんな時は、温かいもので体を温めましょう♪」

ということで、今回のキャンプでは

半生煮込カレーうどん を用意しました。

▼煮込カレーうどん▼

https://www.store.isimaru.co.jp/shopbrand/ct53/

2人前が1袋になっているので、我が家は2人前ずつ作りました。

1.2Lのお湯を沸かして、具材と麺を投入して10分煮込みます。

今回の我が家の煮込カレーの具材は、豚肉とご当地食材「九条ネギ」

スーパーで束で購入。カレーパウダーと一緒に九条ネギをたっぷり入れ2分煮込んで完成!

お鍋ひとつであっという間。

うどんを水洗いをする必要もないので、キャンプ場ではおすすめのメニューです♪

さてさて、お腹も満たされたところで2日目は、国宝「彦根城」観光に出発。

9時に到着しましたが、すでにたくさんの人が来られていました。

天守閣に入るのに1時間待ち・・・

せっかくなので、井伊家の勉強そスマホでしながら待つことに。

待っている間に記念写真も撮ってもらえ、家族のいい思い出になりました。

天守閣の中は、はしごのような階段にびっくり!当時の人は着物や甲冑を付けて上り下りしていたのかと思うとお姫様もお殿様も大変だっただろうな・・・

お城を出たら、キャッスルロードでまたもや食べ歩き。

近江牛コロッケやメンチカツ。

そして、テレビで見た「醤油プリン」を購入。

ん~。確かにカラメル部分は甘い醤油。

でも、おいしい!

続いて、私の楽しみにしていた琵琶湖博物館に高速でGO~!

ここでは、琵琶湖の成り立ちや、地層採掘の様子や琵琶湖周辺の古墳について。また、琵琶湖の固有種の貝や魚などたくさんの資料があり、とても勉強になりました。

今まで、日本一の琵琶湖という知識しかありませんでしたが、この資料館でとても琵琶湖に興味を持ち、もっと知りたくなりました。

さて、3日目の最終日は少しだけ神戸を散策して、快晴の中、明石大橋を渡り、我が香川県に無事帰ってまいりました~。

気が付けば、あっという間に過ぎたGWでしたが、充電満タン!

連休明けからもがんばります。

WEB店長のGW旅行記~前半~

WEB店長のGW旅行記~前半~ | 山下@石丸製麺のブログ

こんにちは!やっと長~いGWが終わりましたね。

石丸製麺も長いお休みをいただきまして、皆さまにご迷惑をおかけいたしました。

充電満タンのWEB店長、今週もがんばります!

さて、WEB店長山下はのGWは、後半に京都→滋賀→兵庫の2泊3日のキャンプ旅行に行ってまいりました。

1日目は、渋滞を避けるために早朝4時に香川を出発。

目指すは、京都・嵐山

早朝7時の渡月橋は、観光客も少なく、とってもいい雰囲気ですよ。

もちろん駐車場の心配もなし。

法輪寺」は新緑が気持ちよく、静かにお参りができます。

竹林の小径」もすれ違う人も少なく、満喫できます。

一通り、嵐山の散策が終わった後、いよいよ食べ歩きスタート。

わらびもちや湯葉チーズ揚げ、パフェを食べたり、甘酒の試飲など、もう朝からお腹いっぱい。

そこで、思わず「あっ!」と発見したのが、「しょうゆ豆」

香川の郷土料理「しょうゆ豆」は、炒ったそら豆を甘辛の醤油に漬け込んだもの。

こちらは、枝豆を醤油に漬けたもので、こちらのしょうゆ豆も美味!

思わず、お土産に購入しました。

ところ変われば、同じしょうゆ豆でも違うものがあるんだなぁ~。

さて、お昼前には京都・嵐山を出発し、今回のお宿。

滋賀・琵琶湖のキャンプ場を目指しました!

食材をスーパーで購入し、チェックイン。

わ~琵琶湖!

やっぱり日本一だ~!!

波もあるし、なんだこりゃ?!瀬戸内海じゃん!!

初めて見る日本一の湖に家族で感動!

GWの後半はお天気も良かったので、湖畔の散策が気持ちいい。

夕日が沈むのを見ながらのBBQはキャンプの醍醐味。

お肉もおいしいけど、景色もおいしい。

1日目は眠かったけど満喫の一日でした。

後半に続く。

香川のウユニ塩湖、父母ケ浜に行ってきました。

こんにちは!
企画開発室の多田です音譜

先日、香川県で今!!最も熱いスポットのひとつ

「父母ヶ浜(ちちぶがはま)」に行ってきました爆  笑


まるで南米の「ウユニ塩湖」のような美しい水鏡が見られると、SNSを中心に話題を呼んでいるんですアップ

父母ヶ浜は、香川県西部の三豊市にある海水浴場
石丸製麺からは車で1時間ほど。

約1kmのロングビーチを誇る美しい海岸で、「日本の夕陽百選」にも選ばれています。
干潮時に風がなく水面が波が立たなければ、砂浜にできる潮だまり(水たまり)に、天空を映し出す鏡のような光景を見ることができますキラキラ

さらに夕方の頃には一層美しい光景が広がります夕日

日の入り前後約30分間が見ごろで、時期によって多少のずれはあるそうなのでHPで事前に確認してから行くことをオススメしますグッド!

▼三豊市ホームページ▼

http://www.mitoyo-kanko.com/%E7%88%B6%E6%AF%8D%E3%83%B6%E6%B5%9C/

この日は天気も良く、たくさんの観光客で賑わっていましたラブラブ
中には、傘や風船を持参して写真を撮っている人もカメラ

次に訪れるときは、写真映えするアイテムを持って行こうと思いますラブ

近くには、地元の果物を使ったかき氷店「KAKUGORI CAFE ひむろ」さんがあるので、カフェで海の景色を眺めながら休憩することもできますよコーヒー

うどん県おもてなしパスポート@とらまるパペットランド

こんにちは、石丸製麺の川上です。

今回も甥っ子とともに、おもてなしパスポートを持って、東かがわ市にある「とらまるパペットランド」へ遊びに行ってきました!

「とらまるパペットランド」は、「とらまる人形劇ミュージアム」・「人形劇場とらまる座」・「ミニチュア児遊館」からなる施設の総称で、人形劇を観ることはもちろん、人形劇の楽しさを実感することができる参加体験型博物館です。

残念ながら今回は時間の関係で人形劇を観ることができず…。

県内・外にとどまらず、海外からもプロ人形劇団が来られたりと、1年を通して様々な人形劇を観ることができる「人形劇場とらまる座」。

みなさま、遊びに行かれる際はサイトにも人形劇公演スケジュールなどが掲載されていますのでぜひ参考になさってください~

とらまるパペットランドWEBサイトURL

http://www.toramaru.jp/

ちなみに甥っ子は中世ヨーロッパの街並みを1/2サイズで再現した「ミニチュア児遊館」でのおままごとが楽しかったようで、帰らない!まだ遊ぶ!とぐずぐずでした。(笑)

この他にも外には芝生広場があり、お弁当を持ってきて食べてもOK

ミニアスレチックコースや小さな遊具もあります。

そして忘れてはいけないスタンプですが…「とらまる人形劇ミュージアム」受付で獲得できます。



私たちはお弁当を持ってきていなかったので、帰り道にある「津田の松原SA」に「あなぶき家」に立ち寄り。


暑かったので「ぶっかけうどん」をいただきました!

もちもちの太麺が美味しかったです。

まだまだ先は長いですが、のんびりスタンプを獲得しつつ、地元再発見の旅を続けていきます~!

小豆島オリーブマラソン 完走しました!

先日5月27日
第41回小豆島オリーブマラソンおりーぶ
ハーフマラソンを走ってきました。
レースに参加したのは
私、大西と同じ工場のスタッフ、鈴木さんです!

朝6時、毎レース恒例の讃岐うどんソバを食べてます。

スタートから4時間前割り箸に麺類を
食べるのがオススメですよ〜ニコ
身体をベストの状態に持っていけます。

10時 約5000人のランナー走る人と共に
一斉にスタートしました!
何と言っても暑い!暑すぎる滝汗
水分補給を多く取りながら走りました。

私は友人と2人で並んで走り無事完走
鈴木さんも完走しました!

そしてそして
走り終わったあとに
マルキン醤油さんに立ち寄り
醤油ソフトを頂きました!

とても美味しい爆  笑
初めて頂きましたが醤油とソフトクリームが
こんなにも合うとは!
驚かされました!!!!

私は今回で3年連続での出場になりました。
毎度、小豆島の景色を観ながら走れること、
走りきったときの達成感ラブ
とても気持ちがよかったです。
これがあるからマラソンは辞められない(笑)

小豆島オリーブマラソンのスタッフの方々
ボランティアの方々
沿道で応援してくれた方々
本当にありがとうございましたドキドキ
おかげで素晴らしいランになりました。

(大西 記)

キャンプめし~うどんもアリだね~

こんにちは!WEB店長 山下です音譜

皆さま、GWは楽しく過ごされましたか~!!

私、久々に2月から予約、計画をたててキャンプキャンプに行ってまいりました。

場所は、香川から高速で1時間半程の岡山県新見市の「大狭山オートキャンプ場大山

周りは田園風景の広がる大自然。

大狭山オートキャンプ場は、その名の通り「大狭山」の一部にあり、長い坂道を登った場所にあります。

「風の丘」とも呼ばれ、パラグライダーなどのアウトドアも有名な場所です。

到着したらまずは、荷卸しとテントの設営。

今回もワンコプードルレッド同伴です。準備の間、ワンコはおやつを食べながら待ってます。

テントの設営が終わると、早速子どもたちは遊びに・・・

大人は片付けやら、夜ごはんの準備に追われます。

そして、1日目の夜はもちろんBBQバーベキュー 定番ですよ~。

ごはんを食べたら、春キャンの醍醐味!たき火です炎

寒い春の夜に、暖かいたき火の炎は心温まります。

さてさて、テントで1晩過ごした朝ご飯は・・・

やっぱり「讃岐人」。1日1回うどんを食べなくちゃ!ということで、

寒い朝に、温かい「釜あげうどん」しました。

持って行ったのは、「半生讃岐うどん包丁切り(つゆ付)」

2人前ずつ個包装され、さらにめんつゆも付いている!

キャンプには最適な商品です。

大きな鍋でぐつぐつ10分。釜あげうどんの出来上がり!

朝に、簡単でHOTなメニュー爆  笑

キャンプめしにも最適ですよ。

さてさて、あれよあれよと、2泊3日の楽しい時間は過ぎてしまいましたえーん

帰路につくことに…

あいにくの曇り空でしたが、与島PAで休憩、瀬戸大橋を眺めました。

橋の向こうが香川県です。

もうすぐ帰るよ~I LOVE 香川ドキドキ

さぁ、今日から気分一新!

皆さまにおいしい讃岐うどんを香川県から発信してまいりまーす。

うどん県パスポートでうどん県めぐり

はじめまして!石丸製麺 川上です。

突然ですが、「うどん県おもてなしパスポート」って、皆様ご存知でしょうか?

香川の旅を楽しく、お得にするパスポートとして、香川県内の観光スポットの案内はもちろんのこと、施設やお店にあるスタンプを集めて応募すると抽選で素敵な県産品が当たるスタンプラリーや、県内の対象施設・店舗で使えるクーポン、対象施設に宿泊すると割引や抽選で「宿泊券1万円」が当たる宿泊キャンペーンなど、お得な情報が満載な1冊!

「うどん県」がより楽しめ、コンパクトで持ち運びにも便利な冊子ですラブ

うどん県おもてなしパスポートWEBサイトURL

https://www.my-kagawa.jp/passport/feature/passport/top


当社も観光スポットの一つとして「おもてなしパスポート」に掲載されていますラブラブ

なお、「うどん県おもてなしパスポート」は香川県内の各交通機関ターミナルや観光スポットなどで無料配布していますビックリマーク

もちろん当社店頭でも配布中です~!!

県外でも、香川・愛媛せとうち旬彩館や香川県東京事務所、香川県大阪事務所などで配布しているそうなので、GWの旅行先に「うどん県」をお考えの方にもオススメ!

こんかい、地元県民ながら「うどん県」を知る良い機会と思い、私もスタンプラリーに参加してみることにしました音譜

今回の目的地は「史跡高松城後 玉藻公園」。

私は甥っ子が連れていたため今回は見送りましたが、「玉藻公園」のスタンプを獲得するなら、「香川県立ミュージアム」にも立ち寄ってスタンプを獲得しつつ、香川の歴史や文化に触れてみてはいかがでしょうか。



香川県立ミュージアムWEBサイトURLhttp://www.pref.kagawa.jp/kmuseum/

とは言っても、小さなお子様連れでも「香川県立ミュージアム」、楽しめますよ!

「香川県立ミュージアム」1階には、「体験学習室(※無料)」があります。



そこでは「けんだま」や「だるま落とし」、「コマまわし」や「貝合わせ」などなど、今では懐かしい昔のおもちゃで遊ぶことができ、2歳の甥っ子は大興奮(笑)

他にも十二単や鎧兜の着付け(来館時に案内員の方に申し出てください)など、歴史に関わる楽しい体験ができます。

なお、「香川県立ミュージアム」のスタンプは2階にあり、1階だけではスタンプは獲得できませんので、注意してくださいねチュー

今なら63日まで、20世紀を代表する彫刻家であるイサム・ノグチ氏の個展が開催中です!

おもちゃ遊びが楽しい甥っ子によってちょっとした寄り道だったはずの「香川県立ミュージアム」に1時間近く滞在しつつ、いざ「史跡高松城後 玉藻公園」へ!


玉藻公園WEBサイトURLhttp://www.takamatsujyo.com/

かつては日本三大水城の1つに数えられていた高松城(玉藻城とも呼ばれます)。

市街地にありながらも堀や石垣が残り、昔の姿を良く残していることから、今では史跡・名勝・重要文化財の三重指定となっています。


公園内は緑が目立つ桜もちらほらあるなかで、お花見客がたくさん!


私はスタンプを探してうろうろ…


無事獲得しました!


分かりづらいですが、ここにありますよ。

スタンプを獲得したあと、急に雨が降り始め、傘を持ってこなかったためにゆっくり見ることができませんでしたが・・・ショボーン


甥っ子は松ぼっくりを拾えて大満足な様子でしたおねがい

かつては四国最大規模を誇り、南蛮造りの特徴的で流麗な白壁の高松城天守閣は現存していません。

城下町高松のシンボルとして天守閣の復元が望まれ、復元をすすめる動きもあるそうなので、いつか見ることができるのではないでしょうか。

幼いころ以来訪れていなかった場所だったので、改めて見て回ることができ、甥っ子にとっても良い経験になったのではないかと思います。

スタンプの数に応じて、抽選で香川の名産品が当たる、このキャンペーン。


制覇は難しいですが、1つでも多くスタンプを獲得できるように頑張りたいと思います口笛

スタンプラリー2018年度分応募〆切 2019228日(当日消印有効)
スタンプラリー2019年度分応募〆切 2020228日(当日消印有効)

(※スタンプの押印は施設の利用等が条件になります。)