安全品質への取り組み

  • HOME
  • 安全品質への取り組み

安全・品質への思い

お客様に安心して安全な製品を味わっていただく。そのために万全を期すこと。食に携わる企業としての責任を果たすため、真摯にこの課題に取り組み続けてまいりました。食品安全は当たり前であり、食品製造における基本です。その当たり前のために、「石丸製麺食品安全方針」をはじめ様々な食品安全ルールを定め、社員が一丸となって忠実かつ真剣に取り組み、高品質の商品をお届けしてまいります。

石丸製麺食品安全方針

石丸製麺株式会社は、讃岐うどんをはじめとする乾麺、半生麺などの開発、製造、販売の事業活動を通じ、食品安全マネジメントシステムを継続的かつ有効に運用し、安全・安心および、おいしさと品質を追求した食品を提供するために活動します。

1. お客様をはじめ関係者が満足できる食品安全マネジメントシステムを確立し、お客様に安全・安心な製品を提供します。
2. 関係法令および顧客要求事項を遵守します。
3. 全従業員に食品安全方針を周知徹底するとともに、食品安全マネジメントシステムの維持向上、および要求事項の実現のために、継続的に改善を図ります。
4. 常に食品安全を優先し、お客様はじめ関係者とのコミュニケーションを大切にして、食品安全に影響する問題を全従業員に周知徹底します。
5. 食品安全方針を達成するため、毎年、食品安全目標を設定し、実施し、改善を行います。

FSSC22000とは

当社の食品安全の取組みを社内外に明らかにし、海外のお取引様にもご認識いただくため、私たちは、2018年、国際的にも権威ある食品安全規格「FSSC22000(Ver4.1)」の認証を取得しました。(認証機関: ペリージョンソンレジストラー)

FSSC22000は、HACCPシステムをベースとした食品安全マネジメントシステムであり、HACCPシステムに経営マネジメントシステム(ISO 9001)や様々な衛生管理強化項目を加えて構築された国際的な食品安全規格です。

品質管理風景
FSSC22000登録証

FSSC22000登録証